同窓会だより

◎電話による住所・電話番号等の調査について
業者による個人情報調査の電話があった場合、必ずしもお答えする必要はありません。

同窓会は、小野高速印刷株式会社にデータ管理業務を委託しております。
このたび、平成27年12月に同窓会名簿を発刊するにあたり、小野高速印刷株式会社によるハガキ調査および電話調査による個人情報の確認が行われています。
個人情報の調査電話に関して、ご不明な点等ございましたら、直接、下記の連絡先にご連絡ください。
学校事務室へのお問い合わせはご遠慮ください。

〈同窓会業務委託会社〉
小野高速印刷
〒870-0913 大分市松原町2-1-6 

TEL:0120-22-5085
URL:http://www.ohp.co.jp

◎同窓会長挨拶

同窓会長

このたび平成23年7月16日の総会において、大手前高等学校の同窓会長を務めることとなりました。私は昭和41年卒業(11回生)の団塊の世代にあたり、大手前の同級生も247名と過去最大の数になっています。前任者の藤井会長(1回生)、大西・倉田副会長(2回生)は、大手前の草創期に、創立者の倉田三朗先生の「日本を建て直すには若者の教育しかない」という情熱と薫陶を身近に受けられた方々で、卒業後も長きにわたり同窓会活動に多大な努力と愛情をそそがれてこられました。ここにその活動に敬意をあらわすとともに深く感謝とお礼を申しあげます。

3月11日に、岩手・宮城・福島県を中心に起きた東日本大震災と、それに誘発された原子力発電所の事故は、いまだ復旧の目途がたたず、被災地の方々に多大の不安と心労を与え続けています。安定した日々の生活の中から、このような大震災を身近に見聞きする時に、あらためて、人と人の絆と家族・友人の大切さを深く感じさせられます。このような状況の中で、あらためて同窓会について考えてみますと、同窓会とは「母校の発展を願い、互いの親睦と交流を大切に考える同窓生の集まり」であり、同窓会の目的は「そのような同窓生を増やすこと」であり、同窓会のすべきことは「母校の発展に積極的に貢献し、同窓生の絆(親睦と交流)を拡げること」であると考えるに至りました。

幸い、本校では理事長をはじめ、多くの教職員の方々の努力により、日本だけではなくグローバルに経済・文化・科学・医療・教育などの多分野で多数の卒業生が活躍するに至っています。「変わりなく生きていくには変わらなければならない」という言葉がありますが、最近目にする学校には積極的な変化が感じられます。たとえば、クラブ活動が活発になった事、女子生徒の制服が変わった事、スクールバスの運行、オープンスクールの開催、ホームカミングデーの開催、茶道室の設置などです。在校生や、将来の入学者に対する配慮と学校経営への積極的な意欲が感じられ、たくましく心強いかぎりです。

同窓会は、その役割を考えつつ、具体的に何ができるのか、何をするのかを会員の皆様の意見を伺いながら活動をしていきたいと考えています。引き続き同窓会活動に皆様のご理解とご協力をお願いいたします。

◎今後の予定