6年一貫カリキュラム

中高6年一貫カリキュラムを活かした「先取り」と「定着」

大手前では、中3から国数英は高校内容の学習に入ります。「先取り授業」という言葉には生徒に無理を強いる印象も先行していますが、大手前では土曜を含め週39時間の授業を行っているため、国数英に関しては公立中学の1.7倍の授業時間が確保できます。そのため、公立中3年間で習う英数国の中学教科書を、大手前では2年間で余裕をもって終えることができます。
また、中学と高校の無駄な重複を省き、効果的なカリキュラムで授業を行います。時間的余裕を持って高校教材を学習できるため、復習・演習に時間をかけ、知識を高いレベルで「定着」させることができます。特に高3の一年間は、それぞれが志望する大学合格に向けて徹底した演習を行います。
豊富な授業時間数と、効率的なカリキュラムに支えられた「先取り」と「定着」は、私学である大手前丸亀中学・高等学校の特徴の一つです。

公立中学 → 公立高校普通科の場合  中学内容 高校内容(入試問題演習含む) ○高校で学習する内容は中学の何倍もあり ますが、高校受験があるため、中学のうち に先取りすることはできません。○大学入試までに不足した分の学習は、 補習科(浪人生)や予備校での補充となる 傾向があります。 大手前中学・高等学校の場合 中学内容高校内容(復習・定着を重視)入試問題演習 ○高校受験が無いため、中3から高校内容  の学習を丁寧に始めることができます。○中3~高2までは、高校内容の定着に 重点を置きます。○高3の一年間はセンター試験や国公立 二次試験に向けた演習を徹底します。

○高校2年生で高校教材をほぼ終了します。

高校教科書内容の履修 入試問題の演習
公立校 高1・高2・高3 (一部教科書内容が終了しきれない場合も) 主に受験直前期 (授業で習った範囲の演習に限定されます)
大手前 中3・高1・高2
(国数英は高2までに教科書終了)
(理社も高3一学期までには教科書終了)
高3の一年間
(入試問題演習や復習に十分な時間をとります)
(校内において受験大学別特訓も行います)

○ 授業時間数が多いので、進度に無理がなく、丁寧に指導することができます。
○ 毎週行われる小テストを通して、勉学に対する姿勢づくりを徹底して行います。
○ 伝統と実績の中で厳選された学習内容を提供します。
○ 生徒と教員の密接な人間関係に支えられた進路指導を行います。
(中3から高校卒業までの4年間は、原則学年主任・担任団は変わることなく、生徒と共に栄冠を勝ち取るために努力します。)
○ 「競い合い・支え合い・高め合う」心強い仲間と切磋琢磨できます。

STEP1(中学1年生・中学2年生) (しっかりとした生活態度)広く頑丈な石垣をつくります。

「しっかりとした学力はしっかりとした生活態度から。」を合言葉として、挨拶・掃除・時間を守る、といった生活指導を徹底します。また、授業では十分な時間をかけて、中学内容の定着を図ります。

中学2年生までに英・数・国は中学内容を終了します。

公立中学 1日6時間×5日間=週30時間授業  30時間×2年間(70週)=2,100時間    大手前中学  1日7時間×5日間+土曜4時間=週39時間授業	39時間×2年間(70週)=2,730時間 ⇒その差、2年間で630時間 公立中学 1日6時間×5日間=週30時間授業  30時間×2年間(70週)=2,100時間    大手前中学  1日7時間×5日間+土曜4時間=週39時間授業	39時間×2年間(70週)=2,730時間 ⇒その差、2年間で630時間

この630時間を、主に英・数・国・理・社の授業にあてます。よって、体育・音楽・美術・書写・技術家庭・総合的な学習の時間・道徳なども公立中学と同数以上の時間を確保しつつ、英・数・国の授業時間数は、公立中学の約1.7倍です。

つまり、中2までの2年間で、英・数・国に関しては、無理なく中学内容を習得することができます。

心と体の成長を大切にします

大学受験やその後の就職においては、「学力」だけでなく「精神力」や「体力」も不可欠です。 心身共に伸び盛りのこの時期に、部活動や多彩な行事を通じて、「精神力」と「体力」の土台を作ります。

STEP2(中学3年生・高校1年生・高校2年生)  (高校内容の基礎固め)本丸の建造とともに、(社会性やリーダシップ)周囲に様々な櫓(やぐら)を建てます。

中3から高校内容に入り、ここからの3年間で高校内容の基礎力を高めます。また、部活動や多様な学校行事に主体的に取り組むことで、大学受験後にも役立つ運営力・行動力を磨くことができます。

高校内容の基礎力を高めます。

進度に余裕があるため、生徒が苦手に感じる分野は演習に時間をかけ、 状況に応じて中学内容にまで遡って復習することも可能です。

進路指導では個人面談を重視します。

生徒の夢が実現できるよう、将来を見据えた進路指導を行います。 中3で文系・理系の選択を考え、高1から文系クラス・理系クラスに分かれます。

大手前の学校行事は「生徒主体」です。

オープンスクール・体育祭・ホームカミングデー・演劇祭などの準備や運営は、中3・高1が中心学年となります。 自分たちで学校行事を作っていく過程で、社会性やリーダーシップが育ちます。

STEP3(高校3年生) 仲間と切磋琢磨することで、3年後の満足のいく春を目指します。	本丸の上に、(大学入試「合格力」を磨きます)バランスよく天守を建造します。

基礎学力の上に、各自の志望大学に応じた演習を行い、受験に向けた実践力を完成させていきます。すでに教科書内容を終えているため、受験レベルの問題演習に十分な時間をあてることができます。

志望大学別の特訓を行います。

高3では大学受験にむけて実践的・応用的な教材を使用します。 一般的に、各予備校が浪人生に向けて行っている入試問題演習を、大手前では学内で、現役生徒に向けて実施することができます。 また、センター試験後(1~2月)は、各生徒が受験する大学に合わせて、個別指導や大学別特訓を行います。 この時期は、学年団や授業担当者の枠を超え、大手前の教員が総力をあげて高3生の個別指導を行っています。