沿革

1906年 明治39年4月29日 丸亀和洋裁縫女学校創立 市内御供所町真光寺本堂を借りる
1937年 昭和12年4月 三豊和洋裁縫女学校創立(三豊郡本山村)
1943年 昭和18年4月 財団法人倉田学園設立 丸亀女子実業学校に昇格 三豊女子実業学校に昇格
1948年 昭和23年4月 香川県大手前高等学校(家庭科)に昇格
1949年 昭和24年4月 旧校舎(幸町)より現校地(大手町)に移転
1950年 昭和25年4月 中学校に普通部を創設・男女共学とし、 大学進学志願者のみを入学させて英才教育に当たる
1951年 昭和26年3月 財団法人倉田学園から学校法人倉田学園へ組織変更
1953年 昭和28年4月 高等学校に男女共学の普通科を加設 中学校の卒業者を入学させて中高一貫教育の進学校とする
1957年 昭和32年4月 高松市室新町に分校を設置
1973年 昭和48年4月 高松分校が独立し、香川県大手前高松高等学校と称する
2006年 平成18年1月 創立百周年記念体育館「サルトホール」完成
2017年 平成29年4月 香川県大手前中学・高等学校から 大手前丸亀中学・高等学校に校名変更