Project To Be その4《広報委員会》

更新日:2023年10月02日

(このページは広報委員の生徒が作成しました。)

9月28日(木)に高校2年生が『Project to be』の活動で、先日訪問した5つの企業の課題や目標を解決・達成するため、グループに分かれて質問を考えました。

質問は大きく6つの種類に分けて考えました。
①意味や定義を問う質問
②現状や方法を問う質問
③前提や信憑性を問う質問
④(自社内)比較をする質問
⑤(他社との)比較をする質問
⑥影響や変化を問う質問

この①〜⑥の質問を4つずつグループで出し合い、特に聞きたいことをピックアップして、実際に企業様に聞く質問を5つに絞りました。

私達のグループは四国化成様の目標である【年間売上高1000億円】について質問を考えました。

四国化成様は主に化学品や建材を販売しており、特に化学品は国内トップシェアを誇ります。

まず最初に私達は、他にも化学製品をつくる会社がある中で、どうやって高いシェア率を維持しているのだろうと疑問に思いました。

他にも、実際に訪問した際、各階に『独創性』と書かれた紙が額に入れられており、とても印象的でした。

次に私達が気になったのは、地域や客層によって商品の売れ行きや、人気の商品はどのような差があるのかということです。これがわかれば顧客が少ないところのニーズに応えられれば、その分売上の向上を見込めるのではないかと思いました。

他のグループではかなり突っ込んだ質問も出ていたようです。

今後直接企業様に質問できる機会はなかなかないので、しっかり活かしていきたいです。

(文:高2広報委員)