女子バスケットボール部リーグ戦「優勝」報告

更新日:2023年02月28日

U14西讃地区女子バスケットボールリーグ戦において、見事Cリーグ優勝をすることができました。9月から大会が始まり2月までの長丁場ではありましたが、試合ごとに大きく成長することができました。

6チームリーグ5戦5勝(全勝)

チーム得点王「白川陽埜」94点 平均18.8点

選手コメント

【白川 陽埜】バスケットボール部に入部して約1年半が経ちました。これまで、放課後練習や日曜練習などの練習を積み重ね、色々な攻め方を学びました。しかし、試合ではなかなか実践できずたくさん試行錯誤しました。試合が終わった後は私たちのプレーを見て振り返りをし、課題を見つけ少しずつ一人一人が同じ意識を持って試合に臨むことができたことが勝利に結びつきました!

【中岡  暖】今までロングシュートばかり打っていたけど1対1ができるようにななりました。また、敵を自分に集中させフリーの仲間にアシストパスもできるようになりました。速攻のために前に走ったり、ボール運びを頑張りました。

【片山 美紅】お互いに声をかけ、励まし合うことができ良かったです。ロングシュートからの1on1やディフェンスがだんだん上手くなっていったことがこのリーグ戦での私の成長だと思いました。総体に向けて、さらに頑張っていきます。

【三谷 蒼空】チームのみんなで誰かがミスしたときにカバーしあう事ができたのでよかったです。優勝できるとは思ってなかったので嬉しかったです!これからある試合に今回の大会のことを活かせるように頑張りたいです。

【小倉陽香里】練習でドリブルやシュートを一生懸命やっていたので試合に活かすことができました。ディフェンスとオフェンスの切り替えが前より早くなりました。夏の総体まで練習を一生懸命頑張ります。

【進藤 嘉乃】試合に出るまでは、ディフェンスや、オフェンスの仕方がよく分からなかったけど、試合に出たことで、ディフェンスや、オフェンスが上達したと思います。楽しかったです。これからも、夏の総体のために一生懸命練習したいと思います。

【森  晴希】チームの試合動画を取ったり、スコアを書いたりしていてバスケの難しさが改めてわかりました。日々の練習を見ていたので優勝することができてすごいなと思います。