節分《広報委員会》

更新日:2023年02月03日

(このページは広報委員の生徒が作成しました。)

今日は節分です。今年の節分の恵方は、南南東です。恵方とは、その年の福徳を司る歳徳神のいる方角で、その方角に向かって事を行えば何事も吉とされているので、皆さん今年は南南東を向いて食べましょう。恵方巻きを切って食べると縁を切るという説もあるので、切らずにいただきましょう!

節分とは文字の通り、季節の分かれ目である「立春、立夏、立秋、立冬の前日」のことで、年に4回あります。昔は、これらの季節の節目には邪気が入ってきやすいとされていたため、見えない、悪いものを鬼に見立てて豆をまき、厄払いをするようになったのが節分の始まりです。

寒暖差が激しい日が続きそうですが、体調に気をつけて過ごしましょう!

※学校の校舎から見た南南東の景色

(写真・文:高1広報委員)