高3 国公立大学2次試験に向けた特訓

更新日:2023年02月01日

高校3年生は自主登校になっていますが、普段の生活リズムを崩さないように多くの生徒が登校して学校で勉強しています。
国公立大学を受験する生徒は、本校の伝統である「高3特訓」により力をつけています。これは、生徒一人一人に、しかも2次試験で必要な科目すべてに、マンツーマンで指導をする担当教員がつき、受験する大学の過去問等の個別指導をするものです。これを2次試験まで1か月続けることで、生徒はかなりの答案作成力をつけることができ、自信をもって2次試験にのぞむことができます。生徒によっては、この1ヶ月だけで過去問20年分以上解く者もいます。
まさに教員全員で高3生をサポートする「高3特訓」は、本校で脈々と受け継がれている伝統です。