広報委員会「冬の大手前☃~正面玄関🎍」

更新日:2022年01月07日

(このページは広報委員の生徒が作成しました。)

 新年を迎え、大手前では3学期が始まりました。

 正面玄関前には正月かざりを飾っています。


▽正月かざり



 正月にはその年の神様である「トシガミ様」が幸運を与えるために各家を回る、と言われています。正月かざりは「トシガミ様」を気持ちよく迎えるために、飾り付けるものです。


▽しめかざり

 
 しめかざりには地域や家々によって色々な形があります。

 写真のしめかざりは大根じめ(両じめ・両端じめとも)と呼ばれているそうです。


▽門松

 一年を通して青々しい松と成長の早い竹を飾った門松。

 生命力や成長のシンボルともされています。

 また、正月飾りとして鏡餅を飾っているご家庭も多いと思います。


 1月11日は鏡開きです。縁起のいい食べ物なので包丁ではなく木槌や伸ばし棒で叩き割り、お汁粉やお雑煮として美味しくいただきましょう!


(文・写真:中3広報委員)