冬の講習会(2日目)

更新日:2021年12月27日

<小学4年生の様子>
プログラミング思考は、問題解決思考なので、みんなで相談したり、考えを発表したりすることも大切です。授業では、PCを使い方はもちろん、グループワークや発表もしながら、コミュニケーションを通した問題解決思考を身に付けていきました。

<小学5年生の様子>

(校内探訪)
校内施設を実際に歩きながら、教員が説明を行いました。学校の施設を知ってもらい、学校に慣れ親しみをもってもらうことが目的です。

(英語)
ホストファミリーに英語で日本の文化(日本の正月)に説明するという設定で授業を行いました。前半は、しっかり英語を勉強し、後半では英語を使いながら福笑いを行いました。英語の上達の秘訣は、身近な題材を楽しく学習することです。



(理科実験『葉脈標本』)

 葉脈標本とは、葉の葉肉(柔らかい緑色をした部分)を取ってしまい、葉脈だけにしたものです。
 葉脈とは、水や養分を運ぶ管です。葉脈は他の部分に比べて硬く、アルカリ性や熱にも強いという性質があります。この性質を生かして、アルカリ水溶液で煮込んだ葉を歯ブラシでこすり、柔らかい葉肉だけを取り除き、葉脈標本を作りました!

 できあがった葉脈標本はラミネートして、明日の終礼でお渡ししますので、お楽しみに!

(算数)

複数枚のコインの中から1枚の偽物のコインを探す方法を考える問題に挑戦しました。授業では、グループワークをして、答えを求めました。近年の大学入試も、数学と実生活を関連させる問題がよく出題されるようになってきました。受講生の皆さん、積極的に取り組めていました。

(食堂体験)
エスパ(食堂)

<小学6年生の様子>

(計算力テスト)
朝、計算力テストを行いました。計算力は最も重要な基礎になります。入試の範囲にもなりますから、しっかり復習しましょう。

(算数)
今日は、「グラフの読み取り」を行いました。本校の入試でももちろん重要ですが、大学入試においてもグラフの読み取りの重要度がますます高まっています。将来にわたって必要な力なので、この冬にしっかり身につけましょう。授業では、電子黒板を使いながらわかりやすく丁寧に解説を行いました。

(国語)
今日は、本校入試問題過去問を用いて「小説」の授業を行いました。小説では、人物の心情を理解するために必要な要素を見つけて分析することが大切です。人の気持ちがわかることは、入試においても、日常のコミュニケーションにおいても必要です。

(英語)
本校の入試過去問を実際に解いて、解説を行う、実践的な授業をおこないました。