理事長室から 7月

更新日:2021年07月27日

 オリンピックが始まりました。私も夜遅くまで開会式を見ました。

 あんなにいろいろあったのに、それでもちゃんとした開会式でした。現場で指揮を執る人と働く人たちがしっかり頑張ったからでしょう。

バッハ会長も、コロナのこんな状況下でオリンピックが開けるのは日本だからだと言っていました。オリンピックを4年後に延期しなかったのは、現在のアスリートの大半がもう出場できなくなるからだと、試合を見ながら納得したことでした。

 大手前も夏休みに入りました。でも学校はお休みではありません。

 文武両道の大手前高松は、野球が準決勝戦の9回でダイナミックに逆転される、あんな形の負け方をし、みんながっかりしました。でも、精いっぱい戦った生徒たちはきっと満足したことでしょう。ご苦労様でした。部活の夏はこれで終了です。これから3者面談が始まります。さあ、気を取り直してこれから勉強にスイッチです。

 一方大手前丸亀では中1・中2の「山の家」が終了しました。通常は宿泊合宿ですが今年は毎日家に帰って寝て、次の日また五色台に行って活動するというスタイルです。先生方も苦労しています。

 現在、同窓生と保護者、本校教員とスタッフと生徒達でHCF(ホームカミングフェスティバル)の準備を着々と整えています。例年大変盛り上がる行事ですが、コロナの状況によっては中止になるかもしれません。生徒たちはどんなにがっかりすることでしょう。コロナが少しでも収束しますように。

 さて、これからは夏の講習会の季節です。大手前丸亀では今年は4年生のプログラミングと6年生の定員がすぐにいっぱいになり、参加できない方が大勢出ました。「何とかなりませんか」と言われた方もいますが、今年は密にできないのです。すみません。参加できなかった方達は秋に中学入試説明会を行いますので、そちらに参加をお願いします。

 それにしても、夏休みは何か自由でワクワクしますね。皆さんの夏が、良い夏になりますように。それでは来月またお目にかかりましょう。

 

 

 

 

(↑大手前高松中学校野球部の写真です。県大会優勝し、四国大会に出場します。)