大学合格者メッセージその3(岡山大学医学部)

更新日:2021年06月02日

牧山祐希さん (理系3組)岡山大学医学部合格

 

「現役合格を勝ち取るために」

 

 私が医師を志望したのは、発展途上国の人々の健康や生活の質の向上に貢献したいと思ったからです。これは以前お世話になった東南アジアの方々への恩返しでもあるので、私は少しでも早くこの夢の実現に近づきたいと思い、なんとしても現役合格をしなければなりませんでした。

 そのため、国公立大学だけでなく、私立大学も複数個受験することにしました。国公立大学と私立大学では対策の仕方が全く異なります。国公立大学の場合、11月までは二次試験中心の勉強を、11月からは共通テスト中心の勉強をしまし た。私立大学の場合、問題の形式に慣れることが大切なので、受ける大学の難易度に合わせて解く年数を変えるなどして赤本を繰り返し解きました。

 現役合格を目指すとなると、もう後がないという思いからプレッシャーを感じ、辛い日々を送ることがあります。そのような時は支えてくれている人達の存在を思い出してください。そうすると自然と不安がなくなり、勉強に対して前向きになれます。最後になりましたが、今まで支えて下さった先生方には本当に感謝しています。ありがとうございました。